【公表NG】裏カジノで行われているイカサマの手法

違法なカジノで行われるイカサマの実態とその手口を紹介

闇カジノ、裏カジノはすべて違法なギャンブル

日本にはまだ合法的なカジノ施設は存在しないので、闇カジノや裏カジノで遊んでしまう人が存在します。裏カジノとは日本国内で違法に運営している賭場のことであり、まともに運営していない特徴があります。違法な賭場になりますから摘発の対象になるので、警察から摘発されたときに店内で遊んでいたりすると逮捕されてしまうので危険です。常習性が無ければ罰金程度で済む可能性もありますが、常習性があると判断されると普通に懲役刑を食らわされるので、ニュースで報じられてしまうようなこともあります。

こちらも合わせて読みたい⇒「絶対行ってはいけない闇カジ!裏カジのイカサマの実態や場所を解説」

違法に運営されている賭場になるだけに、客側が不利になるようなことを平気でしてくるので、カモにされないように気をつけるのが大切です。また裏カジノや闇カジノの運営者やそのバックには暴力団や半グレなどの組織が控えているケースもあるので、金銭的なことで店側と揉めてしまうと身に危険が及ぶ可能性もあります。

裏カジノではイカサマが当たり前|プレイヤーは勝てない

裏カジノでは日常茶飯事でイカサマ行為がおこなわれているので、普通のお客さんが勝つのは無理です。裏カジノイカサマの手口も巧妙で素人には分からないような細工をしてくるので、知らぬ間に罠を仕掛けられている状態になります。イカサマの手段は様々な種類が用意されていますし、イカサマ以外にもマージンなどで搾取されているので、最初からプレイヤーが勝てないようにシステムが作られています。

裏カジノのお店側のほうが圧倒的に有利な状態で高額な金銭を賭けることになりますから、お金が高速で奪われていく状態になるので危険です。店内を支配しているのは裏カジノ側ですし、イカサマをおこないやすい環境を作るのも向こう側のやりたい放題になるのが現実になります。

裏カジノで行われているイカサマの方法と種類を解説|テーブルゲーム編

テーブルゲームではトランプを使用したゲームがおこなわれますが、赤外線カメラと塗料でカードを識別するイカサマの手法が存在します。違法なカジノ店には大量の防犯カメラが用意されているケースが多く、表向きには警察や不審者などの侵入を防ぐために必要だと説明されます。しかしその防犯カメラに赤外線が見える専用のフィルターを付けることで、この手法の第一ステップが完了します。次におこなうのがゲームに使用するカードに赤外線塗料を塗ってしまうことで、赤外線カメラから客の手札を簡単に丸見え状態にできてしまうのです。

お客さんは赤外線塗料を塗られているカードを持たされていることを判断することはできませんから、ゲームの勝ち負けを店側に完璧にコントロールされてしまいます。また赤外線の性能がついている特殊なコンタクトレンズでカードを読み取る手法もありますし、デッキのすり替えをおこなうような方法も存在します。さらには細工されたシューターを使用することで、ゲームをコントロールすることが可能です。

裏カジノで行われているイカサマの方法と種類を解説|スロット、ルーレット編

カジノではスロットやルーレットも人気の高いゲームになりますが、裏カジノの場合はイカサマをしっかりとされてしまいます。手法もテーブルゲームよりもシンプルでスロット台の細工をしたり、遠隔操作で出玉をコントロールしてしまうことが簡単にできてしまうので、客側が勝てることはありません。少し勝てているような雰囲気を店側が演出して、最終的には大きく負けさせるのが常套手段になります。

ルーレットも磁石を使ったルーレット台で出目をコントロールできる手法があるので、客側が完璧に勝敗を店側の判断で決められてしまいます。つまり少額で賭けたときは勝たせて、高額で賭けたときに負けさせるようなことが可能なんです。ボールに細工をして落ちる場所をコントロールするような手法も存在するので、裏カジノでは店側が完璧にゲームを支配している状態になります。

【結論】イカサマの手法はたくさんあるので裏カジノには行かないのがベスト

ここまで書いたこと以外にもイカサマの手法はたくさん存在しますから、裏カジノはやりたい放題なんです。客側と店側の関係性が余りにも対等ではないので、まともにゲームを楽しむことはできません。店側も客側に賭ける楽しみを味あわせるために、勝たせる場合もあるが最終的にはプレイヤーが損をするようになっています。人間は勝った記憶があると負けてしまった分を同じ賭けで取り返そうとするので、泥沼にはまっていきます。

また少し勝たせることで、インチキをする店ではないと錯覚させることもできますから、少し勝てたからといってイカサマをしていない証拠にはなりません。またイカサマを指摘しても相手側には暴力団や半グレがバックに付いている可能性があるので、とても危険な状態になります。勝てないゲームに大金を注ぎ込む価値はありませんし、そもそも逮捕される危険もあるので行くべきではないです。