専属マネージャーの役割を果たすジャンケットという職業について

ランドカジノでプレイする際に重要なジャンケット業者とは

ジャンケット業者は専属のマネージャー?カジノへの招待からお金の貸付まで

ジャンケット業者の仕事というか、ジャンケットとはどのような職業かというと、プレイヤー専属マネージャーと呼ぶのが最も近いでしょう。ジャンケット業者がしてくれることや、ジャンケット業者の役割の多くは、世界中のカジノで多額の賭けをするような人が、スムーズにストレスなく賭けを楽しめ、それに集中できるように自分をサポートしてくれる専属マネージャーのような職業があればありがたいと思うようなものばかりです。

その職業の範囲は実はかなり幅広く、カジノへの招待からお金の貸付までに及んでおり、かゆいところに率先して気づいて手を差し伸べるような人でないとなかなか務まりません。日本にはそもそもカジノがありませんからこのような名称で言ってもどんな職業なのかなかなか思い浮かびにくいのですが、単なる専属マネージャーであればタレントやスポーツ選手などにもそのような例はいくらでもありますから、その点からイメージすれば良いでしょう。

カジノとジャンケットはどんな関係性なのか|ジャンケット業者の仕組み

ジャンケットの仕組みはどうなっているのかですが、カジノの職業の一つなのかと思われるかもしれませんが経営母体としては別組織であることが普通です。ただし、カジノ側にもメリットがある以上は全くの独立した存在ではなく、ジャンケット業者には一定の基準に従ってカジノから利益が分配され、ジャケットの報酬もそこから支払われていることが普通です。つまり間接的にはカジノに依存していますが、ただしそれが全てではなく、ジャンケット自身が専属マネージャーとして自分の顧客から直接得る報酬ももちろんあります。

カジノ側のメリットは言うまでもないでしょうが、このような専属マネージャーを雇えるような人は大きな賭けをしてくれると期待できるわけで、そのような人を自分のカジノに連れてきてもらえるのは見逃せないポイントになるわけです。その意味では、報酬を支払ってもおつりが来ると考えられるからこそ、両者は深い関係にあると言えるでしょう。

ジャンケット業者を利用するとプレイヤーにはどんなメリットがある?

ジャンケットは既に述べているようにプレイヤーにとっての専属マネージャー的存在なのですから、とにかく余計なストレスを軽減し、また自分の満足度を高めるような様々なサービスを受けられることがメリットになります。もちろん無料ではなくそれ相応の対価は必要になるわけですが、旅費などを出してもらえるとか、カジノ以外にも観光の手配をしてもらえるなどは、特に国内にカジノがなく賭けをするためには海外に行かないといけない日本人にはありがたいでしょう。

また、肝心のカジノ内においては、ジャンケット業者が提携しているカジノであればどこでもVIPルームでプレイできるという魅力もあります。実際問題としてはこれが最も大きなメリットになるに違いありません。この他にも、お金が足りなくなったら貸してもらえるということもあります。カジノで賭けをしていると、あともう少し資金があれば一発逆転も可能なのにと思いながら資金が尽きて涙をのむことがありますが、そこに救いの手となるわけです。

高収入?気になるジャンケットの給料について

こうなると気になるのは給料かもしれませんが、ジャンケットはジャンケット会社で働く一社員であり、自分自身は別にVIP的な待遇が保証されている訳でも何でもありません。基本的には顧客個人を相手にするサービス業ですから、給料は出来高制でプレイヤーが使った金額か負けた金額から数~数十%の割合で支払われるようになっています。もちろんこれは一旦はカジノ側に入るお金であり、そこから自分の所属する会社を経由して支払われることになるわけです。

なお、プレイヤーがお金を借りる場合の金利も収入源になります。ジャンケットを利用するには最低でも100万円以上のデポジットが必要になり、実際には数千万~億単位のお金をつぎ込む人たちを相手にしているので収入は高いのが実態ではあるでしょう。世界中のVIPを相手にしているのに自分自身はみすぼらしいというのはちょっと考えにくいことですし、場合によっては顧客から個人的にボーナスを受け取ることもあるかもしれません。

ジャンケットはマカオが発祥?事業が生まれた経緯とは

もともとはカジノにプレイヤーを誘致するために生まれた存在であることは否定しようのない事実であり、その意味では当初はカジノと一体化した存在でした。ディーラーなどと同じように、カジノ内の一つの職業としてこのような斡旋とか紹介、仲介といった仕事があったわけです。発祥はマカオと言われていますが、そのうちに宿泊や移動手段の手配、カジノ内にジャンケット専用のVIPルームを用意する、プレイヤーに対する貸付などサービスが多角化していったものと考えられています。

そもそもカジノで多額の賭けをするような人は様々な面で要求するサービスのレベルも高いですし、またサービスの範囲も非常に広くなることは容易に予想できます。その分だけそれをサポートする仕事も幅広く、多くの会社が参入する余地もあったわけです。もともとはSTDMという会社がカジノを独占していたが、後に他の企業も参入できるようになったのは必然の流れと言えるでしょう。